JR玉造駅から徒歩約1分。大阪市東成区の「たまつくりクリニック」です。内科・皮膚科の専門医師(女性医師)による2診体制。内科は循環器内科として生活習慣病、心疾患を専門に総合診療にも力を入れ、皮膚科は一般・アレルギー・漢方・美容と幅広く取り組みます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠中に無呼吸・低呼吸を繰り返し、様々な合併症を起こす病気です。


無呼吸によって日中の過度の眠気や集中力の低下などをきたし,学習・労働能力の低下,居眠り運転による事故など社会生活に大きな影響を与える可能性があります。また心血管疾患の発症や増悪にも深く関わっています。


睡眠時無呼吸症候群は成人男性の約3~7%、女性の約2~5%程度と言われていますが実際には診断を受けていないだけの方も含めればもっと多いと予想されます。男性では40歳~50歳代が半数以上を占めますが、女性では閉経後に増加します。

無呼吸の原因

空気の通り道である上気道が狭くなることが原因です。


肥満の方は首まわりの脂肪が多く上気道は狭くなりやすいため、肥満は睡眠時無呼吸の代表的な原因です。
また扁桃や舌が大きいことや、鼻炎・鼻中隔弯曲といった鼻の病気や顎が小さいなどの顎の形態的異常も原因になることがあります。

自覚・他覚症状

症状としては以下のようなものがあります

  • いびき、息が止まる
  • 昼間の眠気
  • 熟睡感がない
  • 倦怠感
  • 夜間の頻尿
  • 息苦しくて目が覚める
  • 起床時の頭痛
  • 集中力低下
  • 性腺機能低下
  • 気分の落ち込み
  • うつ状態

合併症

繰り返す低酸素血症による自律神経異常(交感神経の活性化)、炎症・酸化ストレス、胸腔内の圧力変化による直接的な心臓への負荷などの結果、動脈硬化性の変化を起こしやすくなります。動脈硬化は高血圧、心筋梗塞、脳卒中などの発症につながります。

また高尿酸血症、不整脈、多血症、うつ病、胃食道逆流、糖尿病、脂質異常症など多様な疾患との関連が指摘されています。

検査方法

睡眠時無呼吸が疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査や睡眠ポリグラフ検査(PSG)という評価方法にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。

簡易検査は、一晩体と顔にセンサーを付けて、睡眠中の酸素濃度と呼吸の状態を測定するもので、ご自宅で検査可能です。

治療法

睡眠時無呼吸症候群経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)が標準的治療とされています。CPAPはマスクを介して持続的に空気を送ることで、狭くなっている気道を広げる治療法です。
また、下あごを前方に移動させる口腔内装置(マウスピース)を使用して治療することもあります。(歯科・口腔外科での相談となります)
肥満がある方は、減量することである程度の改善が見込まれます。
また口腔内や鼻の状態によっては手術を行うことで改善する場合もあります。


症状のどれかに当てはまる方や家族にいびきを指摘される方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

クリニック情報

アクセス・地図

MAP

〒537-0025 大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造1F

JR環状線「玉造」駅より 徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅③出口より 徒歩約5分
TEL:06-6972-0316

駐車場あります

診療時間

診療時間
 9:00~12:30
16:00~19:00

◯…内科のみ
△…内科:通常診療、皮膚科:10:00~12:30

休診日日曜、祝日

本院のご案内:あやこレディースクリニック
PAGETOP
Copyright © 2018 たまつくりクリニック All Rights Reserved.