JR玉造駅から徒歩約1分。大阪市東成区の「たまつくりクリニック」です。内科・皮膚科の専門医師(女性医師)による2診体制。内科は循環器内科として生活習慣病、心疾患を専門に総合診療にも力を入れ、皮膚科は一般・アレルギー・漢方・美容と幅広く取り組みます。

粉瘤

粉瘤とは?

粉瘤

粉瘤は皮膚の下に形成される良性の腫瘍です。これは皮膚の表面から自然に排除されるべき角質や皮脂が、皮膚の下の袋状の構造に蓄積することによって発生します。一般的には「脂肪の塊」と誤解されることがありますが、実際には脂肪とは異なります。

粉瘤は医学的には「表皮嚢腫」とも呼ばれ、それは身体の様々な部位に出現可能です。これには顔、耳の後ろ、首、背中、足の裏、陰部などが含まれます。粉瘤は通常、痛みや他の症状を引き起こすことはありませんが、感染した場合や炎症を伴った場合は、赤みや痛み、そして硬さを感じる可能性があります。

感染が進行すると、粉瘤内には膿が溜まり、悪臭が発生する可能性があります。これにより、痛みが増し、最終的にはその内容物が皮膚の表面に排出される可能性があります。排出後も炎症は落ち着きますが、再発の可能性があるため、完全に治癒することは稀です。

目次
   

粉瘤の原因

粉瘤の発生は、明確な一因が指摘されているわけではありません。しかし、皮脂の詰まり、ニキビの発生、外傷、またはウイルス感染などが、その発生に関わっている可能性が考えられます。

粉瘤はしばしばあまり大きくならず無症状で推移することがありますが、細菌やウイルスに感染した場合には赤みや腫れ、痛みを伴うことがあります。自身で粉瘤を潰そうとすると、感染が広がり慢性化するリスクがあります。

粉瘤の診断

診断に関しては、ほとんどの粉瘤は臨床的な視診により識別可能です。もし病変が深く広がっている場合には、画像診断が必要になることもあります。

粉瘤の治療方針を決定する際には、症状の進行度や再発の有無、患者の希望等を総合的に考慮します。特に再発が多い、または硬くなっている粉瘤の場合、外科的な除去が適切かどうか検討する必要があるでしょう。

粉瘤の治療

粉瘤は通常、良性の腫瘍であり、悪性化する可能性は非常に低いです。サイズが小さくても、薬物治療のみで治癒することは難しい場合が多いです。治療方法の一つとして、外科手術があります。これは、患部の皮膚を切除し、粉瘤を取り除く方法です。手術は健康保険が適用され、詳細については医師と相談することが可能です。

炎症が伴う軽度の粉瘤や化膿している場合には、抗生物質やステロイドを使用して症状を緩和する場合があります。しかし、化膿が進んでいる場合には、外科手術が必要となることもあります。そして、感染拡大を防ぐために抗菌剤が使われることもあります。

治療方法は、粉瘤の症状や進行度に応じて、医師が患者と相談して選択します。手術や薬物治療の選択は、それぞれの症状とリスクを考慮して慎重に進められます。

粉瘤の予防や注意事項

粉瘤の予防や注意事項

粉瘤の発生を完全に防ぐ方法は特定できていません。しかし、特に頭部に粉瘤ができやすい場合、皮膚の清潔を保つことが一定の予防になります。

日々のスキンケアで皮膚を清潔に保ち、皮脂の過剰な蓄積を防ぎましょう。ただし、皮膚を洗う際には強い刺激を避け、優しく洗うよう心掛けてください。

◎外科手術後の注意事項

外科手術の後は、医師の指導に従い、適切なアフターケアを行う必要があります。特に「くり抜き法」の場合、完全に治るまで数週間かかることがあります。また、抗生物質やステロイドが処方される場合もあるので、定期的な通院が必要です。

●早めにご相談ください
粉瘤は、小さなものであれば目立たず、痛みも感じにくいです。しかし、サイズが大きくなると見た目にも影響し、炎症を起こす可能性もあるため、早めの相談をお勧めします。

クリニック情報

診療時間

診療時間
 9:00~12:30 岩倉
(南方)
成合
南方
成合
佐倉
(南方)
笠松
(南方)
南方 南方
藤田
16:00~19:00 南方 南方
(澤田)
南方

ピンク色…女性医師

皮膚科専門医外来は【成合】【藤田】の診察時間のご予約でお願いいたします。

休診日 日曜、祝日

アクセス・地図

MAP

〒537-0025 大阪市東成区中道3-16-15 ソレアード玉造1F

JR環状線「玉造」駅より 徒歩約1分
地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」駅③出口より 徒歩約5分
TEL:06-6972-0316

駐車場あります

スタッフ募集中
スタッフ募集中
本院のご案内:あやこレディースクリニック
PAGETOP
Copyright © 2024 たまつくりクリニック All Rights Reserved.